白きくらげ

TEL
0120-079-031
メニュー

美容レシピにかかせない漢方食材

白きくらげは漢方では『銀耳』(ぎんじ)と呼ばれ、
黒きくらげよりも薬効があると言われ肌を潤し、老化防止、滋養強壮などまさに"女性に最適な漢方食材"です。
日本で流通するほとんどが中国産の乾物ですが、
弊社では、皆様に「made in japan」の安全と安心、無農薬栽培で育てた最高の商品をお届け致します!

お問い合わせ

TEL
0120-079-031

  • 美容の白きくらげ!!

    白きくらげは、脂肪酸やコレステロールはゼロ、そのうえコレステロールの抑制に役立つと言われる、酸性多糖類と、脂肪の分解、代謝に関わるビタミンB2が含まれています。

    不溶性「食物繊維」が豊富で、これは胃の中で水分を吸収して膨らむ性質があるので、少量で満腹感が長く続きます。

    便秘の解消にも役立つことから、ぽっこりしたお腹の解消や、代謝の向上など、ダイエットに嬉しいサポート効果が期待できると言われています。

    更にきくらげには独特のぬめりや、ゼラチン質とも言われる、膠質(にかわしつ)や「必須アミノ酸類」が豊富に含まれていて、これは疲労回復効果があると共に、肌に潤いを与え、乾燥肌の改善に効果が期待できると言われています。

  • 国産白きくらげ!

    国産白きくらげは厳重な管理体制のもとで生産されております。

    日本国内においてきくらげの消費量の97%~98%は中国からの輸入でまかなわれています。

    国内生産量が2~3%しか生産していないという事です。

    中国産きくらげは生産履歴が不明確であり、農薬使用で生産されているため、収穫後のきくらげを洗濯機で洗い乾燥させ日本に輸入されております。

    弊社では、皆様に「made in japan」の安全と安心、無農薬栽培で育てた最高の商品をお届け致します!

    感動していただくことが弊社のモットーでございます。

  • 子供からお年寄りまで効果絶大!

    人の栄養素で不足しているカルシウム!

    現代は、子供でもカルシウム不足で骨がもろくなっているのが現状です。

    原因は食事による偏りです。白きくらげは臭みなどなくどんな料理にでもアレンジがきく食材ですのでお子様からお年寄りまで食する事が出来ます。

    きくらげにはビタミンD、カルシウムの両方が豊富に含まれているうえに、体内でビタミンDに変化するエルゴステリンという成分も豊富です。

    ビタミンDは骨をつくるカルシウムの吸収を促進し、更にカルシウムが不足している時は尿からの排出を防ぐなど、骨のカルシウム濃度を一定に保つ働きを持っています。

    これらが丈夫で健康な骨をつくるために効果を発揮することから、骨粗しょう症の予防に有効であると言われています。

社長あいさつ

当社は自然でお肌に優しいアテロコラーゲンをふんだんに使用した独自の化粧品を開発、製造、販売する会社です。化粧品会社だからこそ、肌につけるもの、そして口にするものにはこだわりがあります。

そんな時、この「国産白いきくらげ」と出会いました。国産の白いきくらげはほとんど世間に知られる事は無く、一部の高級中華料理店などが仕入れる程度で利用されておりました。そんな素晴らしい「国産城きくらげ」を一般の方に食べていただきたい、感動していただきたいという思いからネット販売までこぎつけました。是非一度、この機会にご賞味ください。

簡単レシピ

白きくらげのサラダ

シャキッ&コリッの食感がクセになる!
材料
胡瓜       1本
玉ねぎ(紫)   小1個
白ネギ      1本
白きくらげ(乾燥)1片
ドレッシング   適量
作り方
1.沸騰したお湯にきくらげを投入し、適度なお大きさ・柔らかさになったらお湯から上げ水洗いをする。
2.全ての食材を千切りにする。
3.野菜だけ水にさらす。
4.野菜を水切りをする。
5.きくらげと野菜を合わせ盛り付ける。
6.お好きなドレッシングをかけて完成。

白キクラゲのプリプリデザート

世界三代美女の一人、楊貴妃が愛した白キクラゲの美味しいデザートです。
材料  (3人分)
白キクラゲ    5g
棗(ナツメ)   2個
枸杞の実     適量
清美オレンジ
(季節の果物)  適量
キウイフルーツ  適量
氷砂糖      40g
レモン汁     大1
水        800ml
作り方
1.水から白キクラゲを入れ沸騰したら火を止め10分以上蒸らし、水で冷やし料理に合わせて切る。
2.棗と枸杞の実も、ぬるま湯に15分位つけて柔らかくしておく。
 柔らかくなった棗は食べやすい大きさに切る。
3.水に白キクラゲを入れて煮る。沸騰したら火を止め、砂糖を加える。
4.清美オレンジ、キウイフルーツを食べやすい大きさに切っておく。
5.水に氷砂糖を入れて、火にかけて沸騰したら火を止めて、シロップをつくる。
6.冷めたシロップに、レモン汁、白キクラゲ、棗、枸杞の実、皮を剥いた清美オレンジを加える。

料理のコツ・ポイント
シロップは冷ましてから材料を加えましょう。
果物はお好きな果物で色々楽しんでみてください。